男性型脱毛症の薬を服用してヘアケアする

男性で抜け毛や薄毛に悩んでいる場合は、AGA(男性型脱毛症)の可能性が高いです。DHTと呼ばれる男性ホルモンがヘアサイクルを乱してしまうために抜け毛が増えていきます。女性でもFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる症状にかかる場合がありますが、女性は男性よりも男性ホルモンの影響を受けにくいため、深刻な症状になるケースはあまりありません。しかし、なかなか抜け毛が減らない場合は一度医師に相談してみることをおすすめします。
男性も抜け毛が気になり始めたら、まずは育毛剤を使ってヘアケアしてみることをおすすめします。安価な育毛剤ではなかなか効果が出にくいので、できれば有効成分が豊富に含まれている質の高い育毛剤を試してみるのが良いでしょう。今は内服タイプの育毛サプリメントも販売されているので、育毛剤と併用することでさらに効果的なヘアケアを行えます。
もし抜け毛が減らずに進行していく場合は男性型脱毛症の可能性が高いため、病院で医師の診察を受けることをおすすめします。AGAと診断された場合、プロペシアという治療薬が処方されることが多く、服用することでAGAの原因となるDHTを産生する5αリダクターゼの生成を阻害することができます。しっかりとプロペシアの服用を続けていけば、次第にDHTの量が減ってヘアサイクルが正常に戻っていくため薄毛が改善されていくでしょう。
抜け毛や薄毛の治療で病院に通うことに抵抗を感じる人や、費用を抑えたい人が個人輸入でプロペシアを入手して服用しているケースもあります。確かに通院した場合に比べて費用は抑えられるものの、プロペシアは医薬品である以上副作用のリスクがあります。できれば医師の監督下でこうした薬の服用によるヘアケアは行った方が安全といえます。