男性型脱毛症対策で脱かつら、頭皮ケアにビーワン

男性型脱毛症は対策を早めに行うことで、将来酷い薄毛に悩まされてかつらを手放せなくなる状態から脱することができます。
男性ホルモンであるテストステロンが発毛を抑制するホルモンに変換されてしまうのは、5αリダクターゼという酵素が原因であり、受容体と結合してDHTになってしまうと毛髪が太く成長してしまう前に抜けていくようになります。これはホルモンや酵素を抑制しない限り繰り返し行われて行きますから、男性型脱毛症の傾向か見られても放置してしまうと薄毛がどんどん進行して行くことになります。
男性ホルモンに対する対策を行っても、頭皮の環境が悪ければ抜け毛は発生します。乾燥して荒れた状態だと炎症を引き起こしやすくなったり、肌を守るため過剰に皮脂が分泌されるようになって、毛穴が詰まったりしてきます。頭皮に潤いを与えるために、シャンプー後にリンスやコンディショナーを頭皮にまで付けてしまう人がいますが、髪の毛に潤いやしっとり感を与えるものであって、かえって悪影響を及ぼす可能性があります。
頭皮に潤いを与えたい場合には、ビーワンシリーズとして出されている頭髪用化粧水があって、頭皮にも水分を補給することができます。ビーワンシリーズは天然水が使用されていて浸透性を持たせており、地肌や髪の環境改善に期待が持てます。
ビーワンシリーズで頭皮をいたわりながら男性型脱毛症の治療に取り組み、毛が太く生えそろうようになるには数か月かかる場合があります。毛が元の状態に戻るまで対策を講じたい場合には、かつらを用いる方法もあります。全体的に覆うタイプではなく、部分かつらを用いれば取り扱いがしやすく、手入れも簡単で費用も部分かつらの方が抑えることができます。